福岡で会社のホームページにSEO対策した時の話

社内で自社ホームページを作る

以前、福岡の企業で会社のホームページを作る事になった時の話です。
その会社は製造業で、それまで会社のホームページを持っていませんでした。
業務的にもいつものお得意さんから仕事をもらう流れが完全に出来ていて、よっぽど大きな改革でもない限りその流れが止まらないという安定して状況でした。
つまり営業しなくて良かったので、対外的にどんな事が出来るかを示す必要もなかったのです。
営業の肩書きを持っている社員もいましたが、いわゆる飛び込み営業の様な事は一切していませんでした。
しかしじわじわともらえる仕事が減っていき、逆に社員は順調に増やして行ったので業績に陰りが見える様になっていきました。
そこで業務拡大の為に営業活動に力を入れる事にしたのです。
とりあえずホームページぐらいないといけないと、そのタイミングでやっと思い立ち、HTMLの書ける社員に白羽の矢が立ったのです。
自分はその当人ではないですが、記事を書いたりサポートをしたりする立場になりました。
作り上げるところまではメインではないながらも関わっていたのですが、完成した後はいろいろ携わる事になりました。

自社サイト・ホームページ制作をしようと思った時にまず考えなかればいけないのが、社内(自作)で作るか、外注するか、の選択です。

今回は、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました!作り始めてから後悔のないよう、ぜひご覧ください。
https://t.co/a5vy6NfJsL

— レンタルサーバー比較なび (@rentalserver100) December 7, 2017

社内で自社ホームページを作る : 集客に失敗1日に10人しか見ていない : SEO対策を実施して3桁アクセスに成功